皆さん、こんにちは!
【ひろガリ工房】店長のがりぼんです。

本日は がりぼんグッズ の中から、乙女柄ブックカバーをピックアップして、どのように作られているのかを紹介したいと思います。



このクラフト紙と、お花の優しい色合いが乙女心をくすぐる可愛らしいブックカバー。
実は全て自らの足で可愛いお花を探して、写真撮影をしているところから作っているんです!

そう!

まさに、足で作った乙女柄ブックカバー。



今の季節よりもちょっと前の春先には、寒い冬を乗り越えて色鮮やかに咲くお花が街でチラホラ見かけるようになり、散歩するのも買い物行くのも、とても気持ちの良い季節でした。

もともと私は、お花の写真を撮影して、デザインなどの素材に使うのが好きだったこともあり、目に付いたお花を撮影したりしていたんです。



咲き始めたばかりの若いお花は、形もハリも良く、切り抜いてお花の素材にするにはピッタリ!!
街を歩きながら、形や色の良いお花を見かけると、とてもテンションが上がるものです (o´∀`o)



試しに一つ、切り抜いたお花をクラフト紙に印刷してみたら、とても良い味わいったんです!
そこで、乙女心をくすぐるような、乙女柄のブックカバーを作ろう!!って事になりました。

しかし、実際には色鮮やかに見栄えの良いお花でも、クラフト紙との相性がいまいちだったり・・・。
種類の違うお花を並べると、なんだかチグハグに見えてしまったり・・・。

いくつか試行錯誤した結果、納得のいくとても良いデザインのブックカバーが完成したんです!!



気分に合わせて使えるように、パターンは5種類。
電車の中などでカバンの中身がチラ見えしても、可愛らしさを演出してくれるようなお花模様。



職場の休憩時間などに本を読んでいたとしても、周りの人から憧れられちゃうようなお花模様。
クラフト紙の風合いや手触りが、なんだか押し花のようでもあります (pq´v`*)

こんな乙女柄ブックカバーを素敵につけこなしてくれたら、嬉しいなぁ〜って思います。

雨の日だって、心はお花畑!!

乙女柄ブックカバーで、ステキな読書タイムを過ごしてみませんか?

詳しくは ブックカバーページ

Top